2022年高島城桜開花状況は?見どころやライトアップ続日本100名城

  • URLをコピーしました!

2022年、長野県諏訪市にある高島城の桜が綺麗に咲き始めました。桜の名所でもある高島城の開花状況、歴史や見どころ、ライトアップはいつなのか。続日本100名城になっている高島城の基本情報もご紹介します。

目次

高島城の開花状況

高島城には、ソメイヨシノを中心にしだれ桜、彼岸桜、八重桜など約90本の桜が植栽されています。

4/11現在、八分咲きといったところでしょうか。

今日は特に日中は暖かく大勢の人が高島公園を訪れていました。

高島城の歴史

高島城は天正18年(1590)に豊臣秀吉の家臣、日根野織部正高吉によって設計されて、文禄元年(1592)着工、慶長3年(1598)に完成しました。

高吉は安土城や大阪城の築城にも携わった名手。

築城の際まで諏訪湖の水が迫り、湖上に浮いて見えたことから別名『諏訪の浮城』と呼ばれていました。

高島城は『諏訪の殿様よい城持ちゃるうしろ松山前は海』と歌われた名城です。

関ヶ原の戦いで徳川軍に属した諏訪頼水(頼忠の子)は、慶長6年(1601)家康の恩恵によって旧領諏訪に帰り藩主となり、以後10代藩主忠礼に至る270年の間、諏訪氏の居城としてその威容を誇りました。

しかし明治4年(1871)、廃藩置県により封建制のシンボルである城郭の撤去が決定。明治8年(1875)には天守閣の撤去が終了。

翌明治9年(1876)、本丸跡が高島公園として一般に開放されました。

諏訪住民の高島城に寄せる愛着は強く、昭和45年(1970)、天守閣が復興されました。同時に、冠木門・角櫓なども復興されたほか、当時の石垣の一部も残るなど、今も往時を偲ぶことができます。

高島城のライトアップはいつ?

開花時期にはライトアップされています。4/11現在ライトアップされていましたよ。ぜひ夜桜を楽しんでみて頂けたらと思います。

高島城の桜見どころ

高島城の中に入ったら、こちらの冠木門から外に出て、お堀の周りの桜を見るのがおすすめです!

高島城は続日本100名城

高島城は「続日本100名城」の130番です。

天守閣資料館の1階に、スタンプ台が置いてあります。

高島城の遊具

ジャングル・ネットクライマー・滑り台があります。ブランコは使用禁止になっています。

写真はジャングルジムです。ネットクライマー(登って遊ぶ)は子供も楽しく遊べそうです!

高島城の駐車場

普通車14台、観光バス8台駐車できます(無料)。お花見他、観光などで込み合う時期もありますので、なるべく公共機関をご利用ください。

高島城の基本情報

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる