わりと汚れやすい洗面台(洗面ボウル)のお掃除法

目次

洗面ボウルの汚れには“クエン酸”と“重曹”

毎日、家族でつかう「洗面ボウル」。

ふと見ると汚れに気が付きませんか?歯磨きの時に水気がとんだり、洗顔料の残りだったり。

今日は「洗面ボウル」のお掃除を紹介します。

まず用意するものは「クエン酸水」。

クエン酸小さじ1を水200mlに溶かします。

次に「重曹水」小さじ2を水200mlに溶かします。

スプレーボトルに入れると使いやすいです。

まず、洗面ボウルの汚れにクエン酸スプレーを吹きかけ、10分~20分ほど置きます。

水が流れてしまう立ち上がり部分はラップでパックするように張り付けると良いです。

次に柔らかいスポンジで流し洗いします。(「メラミンスポンジ」は強力な研磨作用があるので使わないほうが無難でしょう。)それでも落ちない汚れには重曹水で同じように掃除します。

しつこい汚れは簡単には落ちませんので、何回か繰り返して掃除しましょう。

たまにクエン酸と重曹を混ぜて使うやり方を勧めているのを聞きますが、クエン酸は酸性、重曹はアルカリ性です。

二酸化炭素が発生して泡がブクブクと立ちますが汚れが落ちているわけではないようです。

むしろお互いの特性を打ち消しあう「中和反応」がおこってますので、別々に使いましょう。

ついでに蛇口も掃除しましょう。

まずはクエン酸スプレーを蛇口に塗布します。

次に柔らかいスポンジで汚れを落とします。

細かい所は小さいブラシで隅々まで掃除します。

排水口のニオイと詰まり対策に!

毎日の洗顔や手洗い、歯磨き、その他、いろいろな汚れが混じった水が流れる排水口。

ヌメリが見えたり、ニオイが気になる時もありますね。

まずはヘアキャッチャーがついていれば外して髪の毛やゴミなどを除きます。

そして塩素系のパイプクリーナーを使います。

パイプの内側にぐるっとかけます。排水口の周りにもかけます。

パイプクリーナーの所定の時間をおいて水で流します。

排水口のお掃除の時は十分に換気しましょう!

朝、起きたらやはり綺麗な洗面ボウルで顔を洗い仕事や学校へ行きたいものですね。

週に1回は洗面ボウルのお掃除をして、運気をアップしていきましょう。

目次
閉じる