知っていましたか?火災保険を活用した“塗装・リフォーム”

目次

“火災保険” 実は自然災害にも対応してるって知ってましたか?

家を建てる時に加入する“火災保険”は実は自然災害にも対応しています。たとえば“雨・風・雪・雷による家のトラブルです。

みなさん災害の自覚はありませんが、約8割の住宅で災害箇所が発見されています。

例えば雨樋の破損。台風や雪害が証明されれば、火災保険の保険金で修理してもらえます。

他にも、

  • 屋根の瓦の破損
  • ベランダの破損
  • カーポートの破損

    などが、台風や雪害、落雷、水害などと証明されれば、保険金が出ます。


また、室内であっても、偶発的な事故であれば、保険金が出る場合があります。

リフォームしたいと思った際に、火災保険が使えるかもしれないと、ぜひ覚えておいてください。

弊社では、保険が出る破損なのか、無料相談を行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

火災保険の仕組みを知らずに自費で修繕してしまうケースが多いのですが、高い保険料を支払って加入している保険です。保険内容を把握して正しく活用しましょう。

近頃、悪質な業者が、火災保険が使えるからと声をかけて来て、保険金請求を代行し、多額の金額を取られるといったトラブルが増えています。
また、親切なフリをして、保険申請を代行する会社も増えています。
他人に代行を頼むと、多額の成果報酬を支払うことになりますので、要注意です。

【対策】
・業者に保険申請を頼んだり、代行会社に頼んだりせず、自分で申請し、保険金を受け取るようにしましょう
保険金が出ることがわかってから、工事を進めましょう
・保険申請には、私どものような業者の見積書が必要です。業者には見積のみを依頼しましょう

私どもが行うのは、保険金が出る工事か判断させていただき、見積書を作成することのみです。
保険金申請の代行はしませんし、成果報酬もいただきません。
見積に書いてある、施工に要した金額のみを頂戴します。


保険申請用の見積依頼、火災保険のご相談は、パプリカデザインまでお気軽にご連絡ください。
豊富な火災保険申請の経験から、丁寧に対応いたします。

●火災保険を活用した施工事例

 (例)雪でベランダ上の屋根の軒樋が曲がってしまい、足場と雨樋交換の見積もりで申請。保険適用になり施工させて頂きました。

 (例)バルコニーのひび割れが原因とみられる雨漏りがあり、申請。雪害と認められ保険適用になり施工させて頂きました。

 (例)雨樋が数か所破損していて申請。雪害と認められ保険適用になり施工させて頂きました。

こちらの(例)の様に破損の箇所の大小にかかわらず、保険適用になるケースもありますのでまずはご相談ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる