(諏訪市) 屋根・外壁塗装施工前

目次

諏訪市の屋根・外壁塗装

諏訪市のお客様より屋根・外壁塗装をご依頼いただきました。

屋根がトタン一文字葺き、壁がモルタルの大きな家です。定期的に塗装はされているそうなので割と状態も良いんじゃないかと感じました。

下屋根に上り、外壁を見させて頂きました。実はお客様から雨漏りしているとお聞きしたため気になるところを見てみました。

これは二階の壁と下屋根の取り合いの部分です。コーキングがぐるりと打ってあります。

雨漏りの原因と見られる箇所がありました。壁もぶかぶかと浮いていて指で押すとへこみます。本来、この部分には雨押えという板金の役物がついていなくてはいけません。一文字葺きの屋根から伝ってきた雨水を壁の素材がダイレクトに受け止めて年々劣化していったと思われます。(壁の中で屋根材が立ち上がってはいますが)悪いことにそこにコーキングで埋めてしまっているので雨水がはけずに溜まるようにしてしまっているんです。つまり施工不良の状態で建てたときから雨漏りの要因があり、コーキングで埋めるという間違った対処をしてしまっているわけです。

次回は施工の紹介をします。お客様の悩みが解消されて綺麗に生まれ変わる様子を楽しみにしてください!

目次
閉じる